スプリングS

◎は人気ブログランキングへ
父は中山適性の高いヴィクトワールピサ

前走のひいらぎ賞の内容を高く評価。

特にマイナス要素もなく、ここは逆らえないと見て。 

〇はウインブライト

父は中山適性の高いステイゴールド

同コースで行われた前走の内容も評価。

大きく崩れることはないと見て。

△モンドキャンノ
△サトノアレス
△トリコロールブルー

買い目は下記の通り

◎-〇の馬連
◎〇△の3連複

応援クリックお願い致します



□■□■□■□■□■□■□■□■□

   第66回 スプリングS(G2)

  某陣営が大きな期待を寄せる
“秘密兵器”がいることをスクープ

スプリングS【爆穴3連単情報】を
     特別無料公開!
    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スプリングSは皐月賞へと直結するステップレースというだけでなく、芝1800mという距離から、例年、NHKマイルCを見据える馬も合流する。昨年はスプリングSを前に、サトノダイヤモンド、マカヒキが無敗でステップレースを制しており、クラシックの主役候補がある程度、絞られていたが、今年はレイデオロ、スワーヴリチャード、カデナらが有力候補として名乗りを上げているものの、どの馬も決定的なパフォーマンスは見せておらず、世代の中で突出した存在は現れていない。

だからこそ、今後の3歳戦線を占う上でも、このスプリングSは非常に重要な意味を持つ1戦となる。実際、朝日杯FSの1着馬・サトノアレスと、2着馬モンドキャンノがここで再度激突することとなった。

時期的にも、既に皐月賞への切符も残り少なくなってきている。まだ、出走のための賞金が足りていない陣営は「何とか権利だけは取りたい」と、本番前の前哨戦で勝負を懸けてくることもあり、近年は500万を勝ち上がったばかりの馬の活躍も目立っている。決して”実績馬を買えば当たる”という単純なレースではないのだ。

当社が的中をお伝えしたチューリップ賞では7番人気ミスパンテールが、弥生賞では”激走穴馬”の8番人気マイスタイルが連対しているように、今年も前哨戦では、一般では出回らない人気薄情報馬が馬券に絡んで高配当を演出している。

実は、今年のスプリングSでも、某陣営が大きな期待を寄せる“秘密兵器”がいることを当社シンクタンクは把握済み。「ココのテキはいつも吹くから鵜呑みにはできないんだけど厩舎が相当期待している馬なのは確か。あまり褒めない○○が、珍しくデビュー前に『コレは走りそうですね』って言ったくらいだしね。本人も本番はコレで行きたいらしいし、そのためにはココで結果を出さないと。強い馬がいることはもちろん知っているけど、陣営は結構強気だったよ」とは当社情報ルートの談だ。

世間がアッと驚くような決着となる可能性は十分。今週はメディアには載らない関係者情報を有するシンクタンクの”ホンモノの情報力”を体感してもらうべく、当社の情報をまだ入手したことのない方に限り、スプリングSのとっておきの激走穴馬情報を含む【爆穴3連単情報】を特別に無料でお伝えさせて頂くことが決定した。この絶好のチャンスを見逃す手はないだろう!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

   第66回 スプリングS(G2)

  某陣営が大きな期待を寄せる
“秘密兵器”がいることをスクープ

スプリングS【爆穴3連単情報】を
     特別無料公開!
    →ココをクリック!
シンクタンク:スプリングS1080_200