フェブラリーS

◎は人気ブログランキングへ
血統面では父ゴールドアリュールを評価。

前走のチャンピオンズCは不甲斐ない結果も、このコースでは2勝2着1回と相性抜群。

五分の発馬と、直線を上手く捌くことが条件になるけれども、出来の良さに期待して。

〇はコパノリッキー

このレースで2度優勝しており、適性・能力は言うまでもなく。

スムーズに運べるかどうかがポイント。

この点に関しては、鞍上が武豊に戻ることに期待。

人気も落としており、馬券妙味ありと見て。

買い目は下記の通り

◎-〇の馬連・ワイド
 
応援クリックお願い致します



□■□■□■□■□■□■□■□■□

  第34回 フェブラリーS(G1)

昨年は【万馬券的中】を宣言した通り
3連単1万6010円の的中をお届け

今年のフェブラリーSも【この1点】
   で高配当馬券を狙い撃つ!
    →ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のフェブラリーSは、フルゲート16頭に対して特別登録に名を連ねた馬が26頭。つまり、各陣営が絶対的な存在は不在と睨んでおり、虎視眈々と一発を狙う馬が多数存在するわけだ。

確かに、メンバーを見回すと、昨年の覇者モーニンや、2着馬ノンコノユメ、14.15年に当レース連覇を果たしたコパノリッキーらは近走成績が振るっておらず、16年の最優秀ダートホースの座に輝いたサウンドトゥルーも、前走の川崎記念を取りこぼすなど、実績馬はそれぞれ死角を抱えている印象だ。

さらには、前哨戦の東海Sを制したグレンツェントが出走を回避。根岸Sを快勝したカフジテイクも、本番でも続投予定だった福永騎手が落馬負傷のため、急遽本番で騎乗できなくなるアクシデントが生じており、こちらも順風満帆というわけではない。昨年同様、一般マスコミがこぞって“混戦ムード”を強調するのも自明の理と言っていいだろう。

しかし、確かな情報さえ掴んでいれば“混戦ムード”惑わされることなく的中を掴むことも難しいことではない。事実、昨年のフェブラリーSを【万券的中宣言GI】に指定した当社は、7番人気の激走穴馬アスカノロマンの勝負情報もスッパ抜き、3連単1万6010円と宣言通りの万馬券的中をお届けしている。

実は、今年も昨年同様、既に高配当の立役者となり得る激走穴馬をマーク済み。当然、我々の期待も大いに高まっているが、なんと今週は、当社を初めてご参加される方(※先着100名様まで)に限り、フェブラリーSで高配当馬券を狙い撃つための【◎-穴】の1点情報を特別無料公開させて頂くことが決定した。

某大物関係者も「この2頭で決まった時、何も知らない一般のファンは愕然とするんじゃないか?」とまで話している“激穴情報”だけに、フェブラリーSの馬券を購入される方は是が非でもご覧頂きたい。

------------------

1月も毎週高配当馬券が連発!
これがシンクタンクの実力だ!

1月8日(日)京都8R
10万7440円的中
激走穴馬オンザロックス(10番人気)

1月8日(日)京都12R
5万5820円的中
激走穴馬ベストセラーアスク(11番人気)

1月16日(月)中京1R
3万4120円的中
激走穴馬アシャカリブラ(8番人気)

1月16日(月)中京11R
2万6250円的中
激走穴馬メイショウヤマホコ(9番人気)

1月21日(土)京都11R
3万5070円的中
激走穴馬マッチレスヒーロー(11番人気)

1月29日(日)東京10R
3万8230円的中
激走穴馬ペルソナリテ(9番人気)

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

  第34回 フェブラリーS(G1)

昨年は【万馬券的中】を宣言した通り
3連単1万6010円の的中をお届け

今年のフェブラリーSも【この1点】
   で高配当馬券を狙い撃つ!
    →ココをクリック!