血統至上主義~Mensa元会員の競馬予想~

母母父まで分かる3代血統表を使って重賞予想

馬券の買い方について

このブログでは、予想は血統、馬券は単複という2つのことをメインテーマにしています。(思い切り、境和樹さんとかぶっていますが・・・。)

今回はその馬券のことについて少し。

単複にする主な理由は二つ。

・取りこぼしをなくす。
・控除率で他の券種より有利。

取りこぼしが無くなれば、的中率が上がり、資金を回転させていくことが出来ます。
最悪なのはタネ銭切れで退場してしまうことだと思うので、一定のスパンで当てることがやはり重要だと思います。
特に複勝は、一見オッズに派手さがなく、あまり儲からないように思われるかもしれませんが、人気薄の場合、合成オッズで考えれば他の券種に勝るとも劣らないですし、そもそも控除率が20%(単複以外は25%)なのはやはり有利です。

個人的に、競馬というものは不確定要素が多く、キッチリ当てることは至難の業だと思っています。
馬の調子、レースの展開や流れ、騎手のミスやファインプレーなど。

以上のことから、本命馬の単複が最もベストな選択だという結論になりました。

そしてここからは最近思うこと。 

単複を買っていると、本命馬が1着の場合は単複ともに的中し、大きな利益が出て嬉しいですし、3着の場合は複勝にしといて良かったと思います。(特に、なかなか買えないような馬とセットで来たときなど) 

問題は本命馬が2着のときです。
ハナ差の場合などは正直かなり悔しいです。 
人気薄を本命に選ぶことを命題としているので、勝ち切れないケースはもちろん多く、結果2着というのが頻繁にあります。
最近で代表的なのはショウナンアチーヴ(6番人気)カワキタフウジン(9番人気) アイラブリリ(8番人気)など。

これらをカバーしようとなると、シンプルに考えれば、馬連を買うということになります。
そして複勝のように、取りこぼしを無くそうとすると総流しで買うということになります。
ただ、馬連総流しで均一払い戻しをしようとすると、小額(数千円程度)だとなかなか上手くいきません。
本命馬から最低人気やブービー人気への馬連などを買うと、100円でも10万以上になってしまったりして、他への馬連となかなかバランスが取れません。

馬連総流しの合成オッズとの乖離率が一定の数値(例えば200%など)を超えた場合には買わないなどのルールを決めればいいのですが、それならもういっそのこと、上位5頭までとかに絞ればいいのではないのかと思うようになりました。

本命馬の単複に加え、その馬以外の上位人気5頭への馬連流し均一払い戻し買い。

この方法で一応は、当ブログ掲載の本命馬2着のケースはほぼカバー出来ます。(完全ではないですが)
そして相手を絞ったことにより、合成オッズも勿論おいしくなります。 
本来は相手が2頭の場合、3頭の場合など順次計算して、最もリスクとリターンのバランスが良いところを精査するべきなのですが、正直それをするにはまだまだデータが足りないように思います。

具体的な馬券の比率としては、今までは単勝:複勝=1:4でしたが、これからは単勝:馬連:複勝=1:3:5。
この程度の資金配分がバランス的にいいように思います。

幾分、帰納的で少し信頼性に欠けるかも知れませんが、2014年はこのスタンスで挑戦してみたいと思います。

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

12/21(土)から12/23(月)の結果

まずは結果から

投資 42100 回収 26000 回収率 62% (7戦1勝)

500エバー

有終の美を飾るつもりが、残念な結果になってしまいました。
今年の中央競馬は終了したので、あらためて今までの結果を集計しました。

重賞回収率 160% トータル回収率 112% 

最後に数字を大きく下げたのは残念ですが、トータルが100%を超えたことと(これは最低限のノルマ)、重賞回収率の160%というのは良かったと思います。

今後も回収率にとことんこだわり、来年はより良い数字を残せるよう、邁進していきたいと思います。 

P.S. しばらくの間、中央競馬はお休みなので、その間にブログの体裁など色々充実させておきたいと思います。
 
ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

阪神Cとその他の予想

阪神
阪神カップ過去
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

本命は人気ブログランキングへ

当初、本命予定のマジンプロスパーはちょっと人気的に馬券妙味が薄いので、別の馬をチョイス。

グラスワンダー産駒もアドマイヤベガ産駒もともにこのコースに良積あるので、両方含む本命馬にはぴったり。
母母父にニジンスキーがあるのも、過去5年の傾向から合う。
内回りコースに適性もあり、 斤量を苦にしないタイプなのも良い。

馬券は本命の単複とマジンプロスパーへの馬連ワイド。

単勝 1000 複勝 4000 馬連 200 ワイド 500

中山7R 3 エバーグリーン

今の中山は時計がかかり、芝ダート兼用のような血統が向く。
元々このコースでは好走していたので、十分勝ち負けまで。

阪神7R 13 センティナリー

クロフネやロベルト系が好走してる馬場で、この馬にはベストな条件。
休み明けがどうかだけ。

中山10R 15 マイネルマーク

理想は中山の2000かも知れないが、小回り得意のロージズインメイ産駒。
母父サッカーボーイはディクタス×ダイナサッシュで、中山得意のステイゴールドの母父と同じ。

買い目の指定がないものは全て単勝1000円複勝4000円で購入したとして回収率の計算をします。
(発走直前の単勝オッズが10倍以上、もしくは5番人気以下の場合に購入することを条件とします)

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

有馬記念の最終結論

有馬記念
有馬記念
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

本命は初志貫徹で人気ブログランキングへ

あらためて理由を述べると、当コースに適性のあるハーツクライ産駒に母父ボールドルーラー系。
ハーツクライ産駒は有馬初出走だけれども、中山芝2500に良積あり、自身もディープに唯一国内で土をつけた。
ボールドルーラーは過去に人気薄で来た馬に良く含まれており、ノーザンテーストとともに有馬の注目血統。
どちらも小回り適性と長く良い脚を使うのが特徴。
マツリダゴッホ(母父ボールドルーラー系)、エアシェイディ(母父ノーザンテースト母母父ボールドルーラー系)などが代表的。 

もちろん、血統だけではなく金鯱賞でのパフォーマンスを評価。
小回りで坂のある中京であの走りが出来たのなら、中山変わりもプラスになりそう。
函館の負けは距離や洋芝ではなく、単に出来や調子の問題。
阪神の2400にも好走歴があるし、ハーツクライにボールドルーラーでスタミナや荒れた馬場に適性がないというのはやはり考えにくい。

相手は人気ブログランキングへ

ネオユニヴァース産駒はヴィクトワールピサを筆頭にこのコースは合うし、母父トニービン母母父ロベルトも有馬好走血統。
この馬自身、緩んだペースの長距離でメンバー最速の脚を使って来るタイプなので、根っからのステイヤーではないはず。
中山内回り適性も前回で証明出来たし、前目に付けられるようになったのもいい。
ステイヤーズSからのローテは懸念されるが、過去の凡走馬は2ケタ人気や有馬に向かないダンス産駒に生粋のステイヤーばかりで、明らかにこの馬とは違う。

他にはアドマイヤラクティを本命馬と同じような血統構成なので一応抑えないといけない。
(こういうのに来られて馬券を外すと血統派としては恥ずかしいので。)

余談だけれども、中山芝2200で好走歴があるタイプは少し評価を下げた。
内回りと外回りでコース形状は明らかに違うのに、中山適性があると思われ、過剰人気しているように思われる。
狙うならばむしろ、同じ内回りの中山芝2000好走馬。

馬券の買い目としてはいつも通り本命馬の単複と、本命からの馬連ワイドを。

単勝 1000 複勝 4000 馬連 200×2 ワイド 500×2

個人的には大きく勝負をしたいと思っているので、好レースを期待しています。
 
ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

12/21(土)の予想

重賞以外で面白そうな2レースをピックアップ。

中山3R 7 アタリクジ

ハーツクライ産駒が得意なコースなので、当然サムライハート産駒にも向くはず。
今まではあまりにも合わない条件ばかりだったので、今回は大きくパフォーマンスを上げることが期待できる。

阪神3R 13 リリコイパイ

こちらは当該コース得意のディープ産駒。
母父キングマンボ系も適性はあり、更に母母父サドラーなので、距離延長外回りはかなりプラス。

明日の有馬記念の軍資金作りに役立てば幸いです。

買い目の指定がないものは全て単勝1000円複勝4000円で購入したとして回収率の計算をします。
(発走直前の単勝オッズが10倍以上、もしくは5番人気以下の場合に購入することを条件とします)

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ
コンセプト
母母父まで分かる3代血統表を
使って重賞レースを予想
(障害戦除く) 

今週の重賞レースは
・皐月賞
・アンタレスS
・アーリントンC
血統系統色分け表
keitou
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    プロフィール

    T.S.

    高IQ団体Mensaの元会員(定例会にあまり魅力を感じなかったので退会)。2007年頃より水上・亀谷両氏に感銘を受け、血統による競馬予想を始める。競馬自体を見始めたのはオグリキャップ中央入りの頃。趣味はジャズギター。

    Twitter
    人気ブログランキング