血統至上主義~Mensa元会員の競馬予想~

母母父まで分かる3代血統表を使って重賞予想

阪神カップの傾向

阪神カップ阪神カップ過去
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

今年最後の重賞、阪神カップ。
有馬で勝ってさらに増やすべく挑むのか、取り返すために挑むことになるのか分かりませんが、どっちにせよ最後なのでキッチリ的中させたいと思います。

現時点での本命は人気ブログランキングへ

一般的に1200ではダート的なスピード、1600では切れ味が必要で、1400はスピードの持続性(スタミナ)が重要。
このレースで人気薄で来るのもやはり、脚の遅いサンデー系や、母系にいい脚を持続させるような血統(ノーザンダンサー系やボールドルーラー系) を持つタイプが多い。

本命馬はこのコースに実績があり、阪神芝1400自体リピーターが非常に多い。
アドマイヤコジーン産駒も母母父ボールドルーラー系もともにスピードの持続性に富み、当コースへの適正の良さも頷ける。

あまり人気しないようであれば本命はこのままのつもり。 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

ラジオNIKKEI杯2歳Sの傾向

ラジニケ
ラジニケ過去
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

何とか勝って、有馬記念の資金作りにしたいレース。
基本的にはディープ産駒が強いコースだけれども、過去5年を見るとそれほどでもない。
どのみち、今年はサトノアラジンのみで上位人気確実。

選ぶならマンハッタンカフェ、スペシャルウィーク、ネオユニヴァースといった少しスタミナに寄ったサンデー系。
母父、母母父はミスプロ系やノーザンダンサー系など様々でちょっと傾向をつかみづらい。

一応、現時点での本命は人気ブログランキングへ

母父メジロライアンはノーザンテーストの系統で、過去にも人気薄で馬券に絡んでいる。
新馬戦の内容も素晴らしく、叩いた上積みが出れば十分馬券圏内まで。

ただ、出走できるかがまだ未定ですし、他にも気になる馬もいるので金曜の結論では変わっているかも知れません。 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

有馬記念登録馬におけるトニービンの血を持つ馬の分析

有馬有馬記念
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

今年の有馬記念はトニービンの血を持つ馬が多いので、個別に分析してみようと思います。

まず大別すると
・ハーツクライ産駒・・・アドマイヤラクティ、ウインバリアシオン、カレンミロティック
・ジャングルポケット産駒・・・トーセンジョーダン、ヴェルデグリーン
・母父もしくは母母父トニービン・・・デスペラード、ラブリーデイ、ルルーシュ(トニービンとは違いますが、一応グレイソブリン系なので) 

まず、ハーツクライ産駒ですが、有馬自体には今まで出走したことがありません。
ただ、ディープに国内で唯一勝ったのは有馬のハーツクライですし、中山芝2500全体でいうと(1-2-1-2)ですので、相性がいいと判断できます。

アドマイヤラクティウインバリアシオンはそこそこ人気しそうですし、特にウインバリアシオンは広いコースの方が良さそう。
カレンミロティックはあまり人気しなさそうですし、去年のオーシャンブルーと同じ金鯱賞からのローテも好感。
さらに母父ボールドルーラーの系統はマツリダゴッホに代表されるように中山は大得意。

次にジャンポケ産駒。

有馬では(0-0-0-5)、特別以上でも(1-1-2-14)なので、あまり積極的には狙いたくない。
トーセンジョーダンはすでに何度か走ってて、これ以上跳ね上げる要素は無さそう。
一方、ヴェルデグリーンは中山での好走も多く、有馬でも対応できそう。
ただ、これは馬柱を見れば誰でも分かることなので、血統予想の妙味は感じられない。

残るは母父もしくは母母父トニービン。

デスペラードはヴィクトワールピサと同じネオユニ産駒で、母母父ロベルトも一昔前かもしれないが、有馬の好走血統。リボーのクロスもあるので大舞台での活躍も期待できる。
問題は距離。

ラブリーデイは前回も言ったように、有馬好走血統のキンカメ産駒。
ただ、気になるのが母父ダンスインザダーク。
産駒の当該コース特別以上の成績は(1-1-1-17)とかなり悪い数字。
これらを踏まえてどう考えるか悩ましいところ。 

ルルーシュも中山よりは東京といったイメージ。去年より特にプラスとなる要素も見つけられない。

以上より、現時点での本命は人気ブログランキングへ

前走は直線で外に向きたがるところを立て直しながらの圧勝、3走前は坂のある阪神でレコード勝ちの圧勝。
舞台が中山に変わって、右回りで直線が短くなるのはおそらくこの馬にとってプラス。
番手から早め抜け出しで、後続を振り切りながら、そのままなだれ込むのが理想。 

ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

有馬記念の登録馬と過去5年の血統傾向

有馬有馬記念
(画像をクリックすると別ウインドウで大きく表示されます。)

有馬記念の血統でまず始めに思い浮かぶのは何と言ってもステイゴールド。

これはもう血統派じゃなくても知るところで、今回のメンバーで当てはまるのはオルフェーヴル・ゴールドシップ・ナカヤマナイトの3頭。 

オルフェとゴルシは私の馬券スタイル(上位人気は買わない)からはないので、検討するならナカヤマナイトですが、去年も見せ場なく、どうもこの馬は中山芝1800~2200がベストのイメージ。 

となると他の好走血統をピックアップ。
目立つのはノーザンテースト、キングカメハメハ(キングマンボの系統)、トニービン。

まず、ノーザンテーストの血は、オルフェーブルはともかく、 若干古い有馬のイメージ。
一応該当するのはオルフェ以外だとタマモベストプレイとトーセンジョーダン。
ただ、タマモは2500では狙いにくいし、トーセンジョーダンも今更の感。

次にキングマンボ系だとエイシンフラッシュ・トゥザグローリー・ラブリーデイ。
エイシンとトグロはすでに馬券に絡んでるので言うまでもなし。

それより、この中で面白そうなのはやはりラブリーデイ
母母父にトニービンもあるし、有馬記念に相性の良い3歳馬。

トニービンの血を持つ馬は他にも多いので、明日以降まとめて分析していきたいと思います。
 
ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ

12/14と12/15の結果

投資 36400 回収 40700 回収率 112% (7戦2勝)
※土曜の阪神8Rは的中しましたが、購入条件に合わなかった為、収支計算からは除外しています。 

ブログ開始からのトータルを計算すると

重賞回収率 183% トータル回収率 129%

重賞以外の成績がイマイチなのは相変わらずですが、今週はグレイソブリンやニジンスキーの血に注目出来ていただけに、引き間違いで上手くいかなかったのが残念でした。
この辺りの選択の技術が今後の(永遠の?)課題だと思います。

とはいえ、朝日杯はクリーンヒット。
朝日アチーヴ
ショウナンアチーヴがアタマで来てくれれば文句なしだったのですが、ワイドがおいしかったので良かったです。
それにしても、朝日杯が来年から阪神で行われるのが返す返すも残念です。 

来週はついに有馬記念。
まだ本命は絞れてませんが、何とか的中させて良い年を迎えたいと思います。 
 
ランキングに参加していますので、よろしければクリックお願い致します。
 

人気ブログランキングへ
コンセプト
母母父まで分かる3代血統表を
使って重賞レースを予想
(障害戦除く) 

今週の重賞レースは
・マイルCS
・東スポ杯2歳S
血統系統色分け表
keitou
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
アクセスカウンター

    livedoor プロフィール
    Twitter
    人気ブログランキング